昨今のアベノミクスの金融緩和による円安、株高現象みなさんの周りでも投資やfxについて話題に上がる事も多くなってきたでしょう
特に数年前までは1ドル100円以下まで円高だったのに今では120円代近くまで円安が進んでいます。
この激しい円安トレンドの波にのったおかげで世間ではなんとfx長者が続出!?しているそうです。

これから初めてみようという方も多いでしょう。
そこで私がオススメしたいのが自動売買です。
自動売買とは専門的な知識をベースに作られたシステムなので、時間がなくて状況をチェック出来ない方、まだ始めたばかりで売買のタイミングが分からないという方にオススメしたいです。
なにせ機械がちゃんと分析して取引してくれるので、自分の勘でやるより確実か?と思ってしまします。
私も含め普段仕事でなかなか時間が無い人ほどよく利用しているようです。
興味があればチェックしてみるもありです。
>>FX自動売買ツールを徹底比較※人気ランキングベスト10はここ!!

初めてFXをやってみるとわからない単語がたくさん出てきますよね。
スプレッド?スワップポイント?一体なんの事だろう?

スプレッドとは通貨ペアの提示レートの買値と売値の差。
つまり通貨を買うのに必要な手数料の事です。
この手数料は取引を扱う証券会社によってかなりの差があるので自分の取引に使う証券会社の事はよく考えて選びましょう。

そしてスワップポイントとはFXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことをいいます。
通貨にはそれぞれ金利があり日本円はかなりの低金利で持っているだけではほとんど利息はつきませんがアフリカの通貨ランドやオーストラリアのドルなどはかなりの高金利なので日本円でオーストラリアやアフリカランドのポジションを建てればその金利差による利益を受け取る事が出来るのです。

まだまだ專門用語はたくさんありますが、ここまでわかればあとは口座を開いてみてもいいのではなおでしょうか。
私はある証券口座を開設してそれなりに取引を積み重ねてみましたがまだまだ満足出来る結果にはならず。
fx長者の道はまだまだ遠そうです。

そういえばFXトレードに経済指標を使っている人も多いのではないでしょうか。

特に毎月第1週目の金曜日夜、米国の雇用統計の時間には、各証券会社が生番組を放送するなどお祭り騒ぎです。しかし、2016年になってこの雇用統計が経済指標の王様の座から引きずり降ろされる可能性が出てきました。
米雇用統計が注目されたのは、ごく最近、2008年のリーマンショックの後からです。それ以前は、雇用にはあまり注目されていなかった事への反省もあり、FRBが経済政策を運営する際に重要視するようになったのだそうです。

しかし、2015年あたりからの中国経済の低迷が世界の経済に影響を与えるようになり、米雇用統計だけでは経済の動向を掴みきれないのでは、という考えが広がっています。
それでは何を見ていくかとなると、意見も分かれています。しかし、今は中国のGDPや原油価格など、米国の経済をみるうえでも新興国の経済指標の比重が高まっているのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です