最近の自動売買のシステムは優秀です

最初にFXを始めたのは10年位前だったと思います。
遊び半分でしたが、ビキナーズラックだったのでしょう、徐々に資金が増えて原資が倍近くになっていました。
当時は世界の各国がまだ金利の高い時期でしたのでインカムをとりつつ、かつキャピタルを狙う感じでやっていました。
倍率も結構高くできましたので、少ない資金でかなりの倍率でやっていました。全て手動で自分のカンを頼りの丁半ばくちみたいな感じです。
それでも、インカムがありましたので帳簿上の価格は日々伸びていく感じで見てて楽しかったのを覚えています。

でも、それもすべて、なくなりました。
サブプライムローン問題が出始めたころ、かなり倍率を高めていたせいもあって強制ロスカットを何度かくらい資金が底をついてしまいました。
本業の最中に為替がガツンと動いて、何もできないままに強制ロスカットです。

最近では自動売買のロボットも優秀になり、環境もとてもよくなっているので、仕事をしていながらも、気にせずにいられて助かります。
当時の資金がいくらかでも残っていれば、もうちょっと大きく運用できるのになぁ。などと絵空事を考えてしまいます。