FXデイトレード専業で生活していくための原資(元手)

副業でFXをやられている方は多いと思いますが、専業として稼ぎ続けて生活していくことが出来る原資(元手)を考えてみました。

専業トレーダーとして生活していくのに最低の手取りが月18万円必要だとすると、約20%の税金を確定申告後に払わなければならないことを計算して、月20万円以上の利益を安定して出し続けなければなりません。

このためにある程度大きな原資が必要になるのです。
1か月の営業日は平均22日ぐらいなので、1日あたり約1万円を目標にすることになります。
そのための原資は最低でも100万円は欲しいところです。100万円あればドル円の場合で約20lotの取引が出来ます。
20lotというのは単純に言ってしまえば、ドル円の値動きを5銭分取ることが出来れば1万円が稼げる単位です。

一見、5銭の値動きを読み切ることなど簡単そうですが、実際には逆に同じだけ値が動いてしまって1万円の損を出した時にはそこから2万円分を稼がないとわけですから、コンスタントに毎日1万円の利益を出すのは20lotでも簡単とは言い切れません。

ただし、1日5銭の値動きをコンスタントにとれるかどうかというのは取引の上手さを決める適切なラインと言われているので、これを達成出来ないようでは原資がいくらあっても専業になるのは失敗する恐れがあるとも言えます。
よって、まず1日5銭の値幅をしっかり稼げるようになってから、最低100万円の原資で専業トレーダーとしてスタートを切るのが良いでしょう。